【フワフワと戸惑い】

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

今、とあるプロジェクトを一緒にやってる人たちが何人かいます。まぁ、俺はバックアップメンバーなんですがね。

1人は俺と同学年。そいつが発起人です。

あとの子は基本的に5個くらい違うのかな?

あまり年齢がわかりませんが、俺より若いことは確かです。

ちょっと前は、自分と同世代の人たちと何かの計画を立てたりしていました。

意見を出したり、あれが良いこれが良いと議論をし、みんなでぶつかり合っていました。

中には感情が高ぶりすぎて、泣いちゃう女の子もいました。

今回のプロジェクトでは、それがあまりありません。

正直、それに戸惑いを感じています。

自分の意見を押し殺してるのかな。

自分の意見がないのかな。

失敗するのを恐れているんだろうか。

意見を言えない環境を作っているのであれば、それは俺(達)が悪いと思ったり。

______

これは身の回りの話ではありませんが、失敗にナーバスになっているような気がします。個人ベースでも、社会ベースでも。

「失敗を叩く文化」が完全に根付いちゃったんですね。

俺はそれが原因だと思います。

確かに、失敗をしない方がスマートでかっこいいですし、ロスもリスクも少ないかもしれません。

でも俺は、失敗はしたほうがいいと思っています。自らよく熟考し、失敗してみればいいと思います。

______

俺には「失敗についての反面教師」がいます。
俺は高校生、先輩は大学院生だったと記憶しています。

後輩である俺は、先輩に悩みを打ち明けました。「○○をしたいんだけど、どうしてもうまくいかない。どうすればいいか」と言うアドバイスを求める質問でした。

彼の答えは「僕は失敗したことがないからわからない」というものでした。

「なんで失敗しないんですか?」と聞くと彼は「教科書に書いてある事しかしないから」と答えました。

俺はハッとしました。

彼は本当に頭が良い「はず」なのです。

でも彼はマニュアル人間でした。

やったことない事は、全てわからなかったんです。

答えられるのは、教科書に書いてあることだけ。

学力あっても応用力・考える力は全くなかったのです。

案の定彼は、社会でやっていけませんでした。ちょっとでもマニュアルがなく、自分で考えないといけないことに直面したとき、なにもできなかったと言っていました。

そんな彼をそこそこの期間見ていたので、学校嫌いの俺は最低限の勉強しかしなく、「これ、こうしたどうなるんだろう?」と疑問を解決する事をずっとやっていました。

______

今、好奇心ありきで動くのは結構リスクが高いです。

例えば変なことをしてみたら、もしかしたら2chで叩かれるかもしれません。Twitterで炎上するかもしれません。

それは、ここ数年通信が整ったからこそ起きた変化です。

何かの突拍子もないアクションを起こすと「非常識だ」「恥を知れ」と言われることがあります。

それは、その人たちの持ち合わせた基準に該当していないから、そういう言葉出るんです。

「基準の尺度はあなたなのか」

「世間の基準が正しいのか」

ほんとに思うんですよね。

例えば、昔は結婚する前にセックスをした時、不貞行為と言われていました。

今はどうですか?普通にされてるんじゃないですか?

例えば、昔は結婚する前に子供授かるなんていうことは、非難される事でした。

今はどうですか?できちゃった結婚・さずかり婚・ダブルおめでた婚と言われるじゃないですか。

世間の基準の尺度が大きく変わった証拠です。

一方で、個人の尺度はどんどん狭くなりつつあります。

自分の常識じゃないことを他の人がやっていると、すぐ軽蔑したりします。

その人の頭の中が世界の全てではないので、「正直やってみなきゃわかんないじゃないですか」「前例がなかったとしても、前例を作るかもしれないじゃないですか」と思います。

今、俺がやってることがまさに前例のないことです。

まぁ、やってから気がついたんです。

「おかしなぁ、おんなじ職種の人に全然会わないっ」って。

俺の職種に近い会社員と時々しゃべると、途中から明らかに目線が変わります。

「あいつ、やばい(おかしい)ヤツや」

そんなビームを発してきます。

重複しますが、前例のないことをやっているので、その会社員の常識の中には「俺のやってる事は異常」と捉えられるのでしょう。

さすがにもう慣れましたが。

______

さてそろそろ本題の話に戻りましょう。

自分が、「こうしたらいいんじゃないか」と言う意見を出さないと、その人たちは本当に楽しいのかなあと思います。

自分の意見を言わない。言わないから、もちろん自分の思い通りにはならない。

リーダーからあてがわれた仕事を淡々とやる。時々自分がやりたいと思っていた役もできない。

試しに、ちょっとカフェに呼び出して話を聞いてみた。

そうしたら、もっとこうした方がいいんじゃないかという言葉が、出るわ出るわ。

彼らをため込んでた。

実は自分の意見はちゃんとある。

でも「何かを壊しちゃいけない」と言う考え方があるのだろうか、その考えは共有されない(されにくい)。

正直、俺の世代よりもっと「いい子になり過ぎているんだ」と個人的に思っています。

「自分の意見を言わなければこの話は円滑に進む」とでも思っているのでしょうか。

俺は良いものを作るためには、様々な立場の人が様々な意見をぶつけて、相当ぶつかりあい、1つのものを真剣に創り上げる事が必要だと思っていて。

そっちの方が、全力を出し切り、それでたとえ失敗したとしても、「今回については今の実力では足りなかった。でも絶対リベンジするぞ」と言う動機付けになるんじゃないかなと思ったりします。

良い子である必要は無い。人を傷つけることはしてはいけないけども、自分の意志や自分の意見をちゃんと伝えることのできる大人になって欲しいと思います。

______

P.S.
ちなみに余談ですが、俺の考え方に「大人なんか1人もいねぇ」という考え方があります。

うちの親父32歳の頃、俺の親になりました。今俺がその32歳になっています。
若干の時代の流れで成熟度が違うでしょうが、そんな人が親になれるんです。
みんな子供なんだよ。だからそんな我慢する必要ないと思うなぁ。

Comments are Closed