【新しい送別会の形】

10350614_629235033827096_1634620961589057607_n
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks



8年来の友人の1人が近々、名古屋に転勤するということで送別会を昨日したんですがね。

実は送別会に、少し前から疑問持ってまして。

全くもって、普通の飲み会をしました。気を使ったのはメンバーの人数くらいです。

みんながひとつの話題でしゃべれるように、できるだけコンパクトな人数にしました。

ほら、何年か前まで「遠くに転勤」というと、「もう会えないんじゃないかな」とか「疎遠になってしまうな」とか言う感じだったのですが。

最近気軽に、Twitter・Facebook・LINEで転勤した相手の近況がわかるじゃないですか。

メッセージとかで気軽に交流ができるじゃないですか。

物理的な距離が変わっても、今や心の距離は変えずにいられることができる世界なのだと思います。

現に、俺には京都にいる人がお知り合いにいましてね。

その人とは、しょっちゅうくだらないメッセをやり取りするんです。

そしてたまに会うときには、「おいっす、じゃ行くか?」くらいの、いつも会ってるかのような軽いノリでの再会。

話を戻しますが、そういう経験があったので、ちょっと今回は送別会というよりも「少人数でダラダラ喋る会」というノリで集めました。

少しはね、転勤先の話もしたけど、大半は普通の飲み会と、一緒なテイストの話でした。

だって、気張って送り出す必要ないんだもん。

つながってるんだから。

だから送別会最後に、転勤する人から一言とか、一本締めとかしませんでした。

大丈夫。ネットからリアルかわからけども、また会える。

だから帰りもいつもと一緒です。
「あぁ、俺埼京線だがら、じゃーねぇ」「はい山手線の人こっちだよー」

時代は変わった。だから仲間内の送別会はこれでいいんだと思います。

《じゃ、またそのうち。》

Comments are Closed