【戯言】

A6iYlv5CUAENupT
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

あらかじめ言っておきますが、これは誰かを批判したりとかではなく、1億2,000万人分の1の意見だということで、読んでほしいと思います。

10月末、夜渋谷にいたんです。

ハロウインとは関係なく、渋谷に用事があったから渋谷にいました。

そこには、とても大勢のハロウィンのコスプレをした人がいましてね。

普通に交通の妨げになっていました。

歩道でいきなり何か出し物し始めて、歩道を歩くことができない場面にも遭遇しました。

それを見てね、正直興醒めした。

自分のことを棚に上げるつもりは全然ありません。

俺だって日にちは違うけども、公道でコスチュームに身を包んで、カートで走ったりします。

そんときに気をつけるのは、法律に反していないか、一般の人の迷惑にならないか、ということを最優先に考えます。

正直この渋谷の街はね、パニックでしたよ。

やってる人たちは人のことを何にも考えていなかった。配慮のひとかけらもなかったね。

ほら、ワールドカップの試合があった時、試合終了後スクランブル交差点を警察が封鎖したでしょう。

来年や将来近いうちに、ハロウインでもそうなるんじゃないかなーって思いました。

集団心理とは怖いものです。
みんなでやれば怖くない。
みんなでやれば何でもあり。

そんな風に見えました。

俺ね、そもそも疑問なの。

みんなでハロウインで変装するでしょう。

目立ちたいから変装するんだよね。

でもみんなでさぁ、おんなじように仮装したって全く目立たないよね。

埋もれちゃう。

「ハロウィンの仮装している皆さん」で終わっちゃうんだね。

そういう面、日本には昔は今も「みなさんとご一緒に」という風土が根強く残っているんだなと思います。

本当に目立ったり、本当に注目されたりしたかったら、何の変哲もない週末にそういうインパクトあることやったらいいのにね。

そうすると、とある人は言うんだ。「恥かしい」「街中で目立つ」「街中で浮いてしまう」と。

俺はね。

集団心理を使いながら、面白いことやろうなんて中途半端以外の何者でもない。

そう思うよ。

やるんだったら突き抜けたほうがいいと思うけどなぁ。

将来それがネタになり、糧になると俺は思う。

っていうか、俺にはなってる。

俺は日本の風土である「みなさんとご一緒」という雰囲気、大っ嫌い。

一人ひとりに、イベントのあり方を考えて欲しいなと思った、夜でした。

Comments are Closed