【イベントはサッカーだ】

000007
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

最近は、いろんな方とおしゃべりする機会も増えまして。

みんなであーだこーだ言っているのですが。

イベントは一人でできないんです。

イベントを企画する人、人を集める人、イベントを支える人、そしてもちろん参加者がいないと成立しないし、面白くならないんです。

例えて言うなら、イベントのスタッフ側は一つのチーム。

役割に応じたフォーメーションで動く必要があるのです。

イベントの当日、司会や演者さんはFW。みんなを楽しませてくれる「攻撃的な仕掛けをするスタッフ」です。

主催者は基本的に中盤の「司令塔」を担当します。いわゆるMFの一員です。時にはFWとして上ったり、DFとして守ったりと、非常にタフな役回りです。

同じく、受付やフロアに目を配るスタッフ、また参加者をまとめ上げるスタッフもMFという重要なポジションです。

DFは危機管理、リスクヘッジ、下準備をする係。守備的要員です。

彼らがどれだけラインの底上げをできるかで、MFやFWの仕事が決まってきます。

もし、DFの数があまりに足りないとMFが上がっていけず、攻撃参加ができません。

GKは、何か失敗しないように守る最後の砦です。起きてからでは遅いことも世の中あるわけで、いろんなところに目を光らせている人が必要です。

こういったようにバランス良くイベントスタッフを配置して、初めてイベントの運営ができます。

もちろんこれは例えですから、実際には兼務していることがほとんどです。

兼務といえどこういったポジションは必要なのです。

気を抜いてるとあっという間に失点してしまうし、1点を取るのは大変だし。

最近、水面下の動きが少しずつ出てきました。しかも2つ。

1つは、ワクワクできるものを提供できる日が近づいています。

俺はいつもDFやGKでのポジションしかしません。

でも今回は「発案」から「当日運営」までのトータルコーディネート。

時間がかかりましたが、フィールドを縦横無尽に動きまくっています。

もう1つはチャレンジ。

格上相手に挑戦を挑むイメージです。

DFに大型助っ人を招聘しての戦いがこれから始まります。

【絶対に負けられない戦いがここにはある。】

Comments are Closed