アプリ

now browsing by tag

 
 

新感覚イベント HIT-MAN ARRIVAL を始めます。

icon1024

10606254_567711160029501_1373597301423845311_n

中村商店、職業「何でも屋」。

2009年くらいからイベント企画・運営もやっておりました。

大人400人が本気になって大運動会をしたり。

夏祭りということで、浅草・花やしきで暴れてみたり。

企画発案から実行ベースまでの落とし込みなので、最大でも2ヶ月に1回くらいのペースでしか担当できないのですが。。。

そんな中、一昨年から言い続けていたイベントが5月31日に行われることになりました。

あれですねぇ、鬼ごっこってなんで最初っから鬼がわかるんですかねぇ?

不思議に思いません?

鬼は見た目が違うのかなぁ?鬼ヶ島から派遣されてきたのかなぁ?

人間っぽい鬼が潜伏しててもおかしくないと思うわけですよ。

ほら、MEN IN BLACKだってそうでしょう?

いろんなエイリアンがいて、人間の格好したエイリアンだっているでしょう。

だから、人間っぽい格好をしてる鬼だっていると思うんです。

それで「鬼がわからない鬼ごっこ」をしたいなぁと思いまして。

一昨年から「やりてー!」と叫び続けていました。

そして「iPhoneアプリ+発信機」という装備で実現することになりました。

実はアプリは既にリリースされております。

「HIT-MAN ARRIVAL」というEisuke Nakamuraという個人が出してるアプリが出てくるはずです。

screen568x568

https://itunes.apple.com/us/app/hit-man-arrival/id953377479?mt=8

PVも本日から公開されています。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=rZFxG2se6S4[/youtube]

Beaconという発信機が俺の夢を実現してくれました。

Necomimimiさんというアプリ作家さんが手伝ってくださいました。

出来上がったものは鬼ごっことして参加しようとすると、だいぶ面食らうかもしれません。

鬼ごっこなのに、走りません。捕まりません。写真撮ります。指令が出ます。

「見えない鬼から撃たれないようにミッションをする」というゲームになりました。

見えない鬼はどうやって見つけるのかというと、鬼が近づくと「iPhoneが危険信号を受信」してお知らせしてくれます。

街中でのゲームだと、誰が鬼なのか全く分からず「正直怖い」ですが、襲われるわけではないのでご安心を。

リアルとアプリを融合したゲーム、「HIT-MAN ARRIVAL」です。

ぜひダウンロードして遊んでください。

あ、そうそう。

このゲームにはBeaconという発信機が必要です。

ぜひ用意して遊んでみてください。

<p>https://www.youtube.com/embed/rZFxG2se6S4</p>