works profile

now browsing by category

 

新感覚イベント HIT-MAN ARRIVAL を始めます。

icon1024

10606254_567711160029501_1373597301423845311_n

中村商店、職業「何でも屋」。

2009年くらいからイベント企画・運営もやっておりました。

大人400人が本気になって大運動会をしたり。

夏祭りということで、浅草・花やしきで暴れてみたり。

企画発案から実行ベースまでの落とし込みなので、最大でも2ヶ月に1回くらいのペースでしか担当できないのですが。。。

そんな中、一昨年から言い続けていたイベントが5月31日に行われることになりました。

あれですねぇ、鬼ごっこってなんで最初っから鬼がわかるんですかねぇ?

不思議に思いません?

鬼は見た目が違うのかなぁ?鬼ヶ島から派遣されてきたのかなぁ?

人間っぽい鬼が潜伏しててもおかしくないと思うわけですよ。

ほら、MEN IN BLACKだってそうでしょう?

いろんなエイリアンがいて、人間の格好したエイリアンだっているでしょう。

だから、人間っぽい格好をしてる鬼だっていると思うんです。

それで「鬼がわからない鬼ごっこ」をしたいなぁと思いまして。

一昨年から「やりてー!」と叫び続けていました。

そして「iPhoneアプリ+発信機」という装備で実現することになりました。

実はアプリは既にリリースされております。

「HIT-MAN ARRIVAL」というEisuke Nakamuraという個人が出してるアプリが出てくるはずです。

screen568x568

https://itunes.apple.com/us/app/hit-man-arrival/id953377479?mt=8

PVも本日から公開されています。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=rZFxG2se6S4[/youtube]

Beaconという発信機が俺の夢を実現してくれました。

Necomimimiさんというアプリ作家さんが手伝ってくださいました。

出来上がったものは鬼ごっことして参加しようとすると、だいぶ面食らうかもしれません。

鬼ごっこなのに、走りません。捕まりません。写真撮ります。指令が出ます。

「見えない鬼から撃たれないようにミッションをする」というゲームになりました。

見えない鬼はどうやって見つけるのかというと、鬼が近づくと「iPhoneが危険信号を受信」してお知らせしてくれます。

街中でのゲームだと、誰が鬼なのか全く分からず「正直怖い」ですが、襲われるわけではないのでご安心を。

リアルとアプリを融合したゲーム、「HIT-MAN ARRIVAL」です。

ぜひダウンロードして遊んでください。

あ、そうそう。

このゲームにはBeaconという発信機が必要です。

ぜひ用意して遊んでみてください。

<p>https://www.youtube.com/embed/rZFxG2se6S4</p>

2014年総括。

IMG_1586.JPG

今年もたくさんいろんなことがあったなあ。

ただ、当初目標に掲げていたものはどういう形であれ進めることができたと。
珍しく有意義な1年だったと思います。

まずは仕事の事。

今年の自分の中でのメインイベントは、【〇〇の選び方】と言うアプリを作る事でした。(賢いコツプロジェクトの第一作)

結果、誰も興味を持ちそうにないニッチなところを狙って【電球の選び方】と言うアプリを、プロの方に手伝ってもらいながらリリースすることができました。

結果はいろんなネットメディアに紹介していただきましたが、ニッチすぎてダウンロード数は全く伸びませんでした。

今はiOSアプリ・Androidアプリ共に安定版がリリースされています。

第二第三の同じような【〇〇の選び方シリーズ】が改善もされつつ、リリース予定です。

また新しい試みのプロジェクトも絶賛進行中。
最新技術を使ったアプリ連動型体験ゲームも開発終盤に差し掛かっています。

さらに年末に駆け込んできたかのように、未体験のお仕事が舞い込んできました。

この間の日記でもちょっと書きましたが、とある街工場の再生をチャレンジします。

次に遊びのこと。

5月に久しぶりの大きなイベント、【不思議な国の運動会】と言う、200人規模の運動会のバックアップメンバーをさせていただきました。

この運動会、実は私の最後の軸となる関わり方をするイベントでした。
当日スタッフとかで駆け回る事はこれからもあるでしょうが、じっくりと時間をかけて準備をしていくのはこれが最後やったんです。

幸いなことに今回企画を担当してくれたしす君はとても優秀な男でした。こんな後任をもって俺は安心だよ。

そしてこの運動会では、とある団体に出会うことができました。

ペイフォワードという、とても組織されよく楽しむ団体の皆さんです。
うれしいことに少しずつイベントにも参加させていただいています。

あと最近で忘れられないのが公道でマリオカートをやってみようと言うイベント。二回参加させていただいてもうヤミツキです。

今は事情によりワリオの衣装は行方不明になってしまいましたが、来年も必ず参戦したいと思っています。

そういや鍛えられることもありました。
今も俺は本業で大家さんの何でも屋さんをやって生計を立てているのですが、9月ごろ一件の大トラブルがありました。

法律や人間感情、非常に難しいもんです。

響昨日の自分を追い越すことをこれからもやっていきたいと思います。

真面目なこともそう。

ふざけることだって、決して手を抜かない。

2015年も良い年になりますように。
IMG_1673.JPG

【不思議な国の運動会】

10338860_508789182577623_5507386412469349822_n


知ってる方もいるかもしれませんが、先週末「不思議な国の運動会」というイベントをやってきました。

第一回という事もあり、いろいろな課題は残りつつも皆さんのご協力もあって楽しくやらせていただきました。

この企画が持ち上がったのは三か月前の2月10日。

発起人の「普通の運動会じゃない運動会がしたい」という言葉を受けて作り始めることになります。

普通の運動会と違う競技をしよう。どうせやるんだったら振り切ってしまおう。全部やったことのない競技にしよう。

それが根本にありました。

皆さんは意識していないでしょうが、我々には「共有の知識」というものがあってですね。

例えば「ラジオ体操」なんてすごくいい例です。

あの音楽さえ流れれば、なんとなくできるでしょ。今回だって「ギニア語バージョン」でみんなでやったんだから。

ギニア語、分かる人いました?

万が一いても1.2名でしょ?

でも、みんななんとなくできちゃう。「共有の知識」を持っているんです。

それで、運動会も同じような「共有の知識」でなり立ってるんです。

だいたいさ、100m走して、大玉転がして、玉入れして、綱引きして、リレーするでしょ?

みんな、大体のルールを知ってるわけです。

ただ、今回の運動会は全部新競技。「共有の知識」がないんです。

「ルールの徹底には苦労するだろうな」と思っていたら、それがめちゃめちゃ大変でした。

例えば、「風船取りバトル」。腰についてる風船を取るか割れば良いっていうルールなんですが、「ヘアピンを使って割ろう」っていうのは企画陣には発想できなかった。

知ってます?

男ってね、実はヘアピン使わないの。

考えもしなかったよね、ヘアピンで割るって。

まぁ、話はそれましたが、「共有の知識」がないゲームを作ってやってもらうのは大変なんだなと、再確認できました。

そうそう、大事なことも書いておかなきゃ。

今回、総合企画をしてくれたのは発起人を慕う後輩さん。

俺はサポートというか、進捗管理というか、そっちの色が今回は強かったです。

リーダーたちが持っていた進行台本、主に彼が作ってくれました。

あーだこーだ言って、作り変える事11回。

実際には当日口頭で伝える変更点もあったので、12回なのかな?

新競技の原案を考えてくれたり、テストプレイをしてくれたメンバーもたくさんいました。

みんなに支えられての運動会でした。

90日間、ずっと運動会のことをしてたわけではありませんが、新しい競技をちゃんとルール化するのはパワーを使いました。

予備競技も含めると9競技の内容・ルールに関わりました。

磨けば光る競技もあったように感じます。

是非、ブラッシュアップして完成度の高いものにしていってほしいと思います。

あ、そうそう。今回の運動会で俺は「第一線」から退くんです。

だから発起人の後輩さんが総合企画として入り、引継ぎをしたんです。

俺はこれからも運動会に関わるかもしれないけれど、ちょっとずつ力を抜いていきます。

やりたいこともあるし。

【ニヤニヤ】

今年も年に一回くらい訪れるバカバカしい企画を考えるお仕事をいただきました。

俺はね、「お前、本当にそんなこと考えてるの?それ人前でやるの?」みたいなことを考えているときが楽しいのです。

ニヤニヤしちゃうのです。

最近はオフィスで考えているので、ニヤニヤしないように気を付けながら妄想の日々です。

実は今年がこの考えるお仕事は最後(のはず)。

後任に託す事となりました。

参加者との年齢差、自分の今やりたい事、自分のこれからやりたい事、総合的に考えると環境を変える時期なのかなと思うのですよ。

怖いけれどね。

来年からは、違ったことを考えながらニヤニヤしますよ。

今年までは、自分の作ったノウハウを後任に残すためにニヤニヤします。

オフィスで俺が面白そうな顔してても、見ないふりしてくださいね。

【works?】もとつるWORKS

HID-SKYは2000年よりもとつるWORKSという旅行バラエティ番組を不定期制作しております。

(前身の団体「もとつる」から制作)

コンセプトは「大人が真面目にふざける思い出旅」です。

いままで行ったのは、

1998 愛知・名古屋

2000 伊豆・熱川

2002 長野・新潟

2004 静岡・浜松

2005 山形・米沢

2006 静岡・伊豆

2007 北関東2泊3日

2008 山梨・神奈川(相模湖)

2009 青森

2010 房総半島一周弾丸ツアーズ

2011 愛知・名古屋2

・・・今年はどこだ!

 

【works】総務事業

HID-SKYは2011年4月より企業の総務事業の委託を開始しております。

簡単に言うと、「これやっておいてー」っていう雑務の代行です。

事務員さんが必要、でも週に4-5時間くらいの工数しかない。

そういう時は、ぜひご利用ください。

例えば、「月曜日の午後だけ事務員さんが欲しい」などのご相談にお乗りできます。

2012年10月現在、2社の会社様にご利用いただいております。

【works】販売・経営戦略会議

HID-SKYは2011年4月より販売、経営戦略事業を開始しました。

個人事業主や小規模企業の経営者の悩みとして、「自分の事業を理解したうえで相談に乗ってくれる人がいない」というものがあります。

我々HID-SKYは、ご利用者様の事業分野・事業形態をしっかりと分析し、親身になり一緒に経営戦略を立てて行きます。

親身になり過ぎて、厳しい意見が飛び出す事も多々ありますが、「それだけ真剣に取り組んでいる」という事をご理解いただければと思います。

【works】LIVE企画・実施業務

HID-SKYは2010年8月より音楽ライブの企画・運営業務を行っております。

以下、ライブ実績となります。

※一部ライブにつきましては、当日帯同業務を行っていない場合がございます。

 

2010.10.09 - オ・モロの音楽ひろば Vol.1 – What Is Finland Jazz? 下北沢アレーホール

ゲスト - Pekka Pylkkänen Global Unit

 

2011.05.26 - Reija Lang Trio  LIVE in TOKYO 代官山フィンランドカフェ

2011.05.27 - Reija Lang Trio  LIVE in TOKYO 代官山フィンランドカフェ

 

2011.05.28 - Jazz From Finland 横浜 ドルフィ

ゲスト - Reija Lang Trio / Niklas Winter & Teemu Vinikainen

2011.05.29 - Jazz From Finland 新宿 PIT IN

ゲスト - Reija Lang Trio / Niklas Winter & Teemu Vinikainen

 

2011.05.30 - Niklas Winter Japan Tour 代官山フィンランドカフェ

2011.05.31 - Niklas Winter Japan Tour 代官山フィンランドカフェ

2011.06.01 - Niklas Winter Japan Tour 名古屋 Doxy

2011.06.02 - Niklas Winter Japan Tour 大阪 Nu-things

2011.06.03 - Niklas Winter Japan Tour 京都 RAG

2011.06.04 - Niklas Winter Japan Tour 大阪 Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA

 

2012.01.07 - Vladimir Shafranov Live in Tokyo 2012 赤坂 B-Flat

2012.01.08 - Vladimir Shafranov Live in Tokyo 2012 赤坂 B-Flat

【works】倉庫・配送業務

HID-SKYは2012年6月よりWEB SHOPの倉庫運営・配送業務を行っております。

具体的な流れとしましては、

 

ユーザー様からお客様(WEB SHOP)に「受注」がある

自動的に受注があったことをHID-SKYにメールで流してもらう

お客様(WEB SHOP)は、入金の確認をしていただく

HID-SKYは、梱包・配送準備をする

お客様(WEB SHOP)がユーザーからの入金を確認後、HID-SKYへ「発送可」のメールを入れる

HID-SKYよりユーザー様に発送する

 

となっております。

【works】CD販売・営業活動

HID-SKYは2012年6月よりフィンランド音楽CDの販売・営業活動の代行を行っております。

 

詳細につきましては、メールでご質問ください。折り返させていただきます。